費用を抑えよう。自分で作る診察券 | TOPへ戻る

診察券biz

Menu

close 閉じる

  • 診察券の作り方・診察券の印刷所をご紹介しています。

  • 診察券の作り方・診察券の印刷所をご紹介しています。

  • 診察券の作り方・診察券の印刷所をご紹介しています。

  • 筋肉・筋膜からのアプローチ神経系の調整によって自律神経を整え肩凝りや腰痛などの改善
  • 筋肉・筋膜からのアプローチ神経系の調整によって自律神経を整え肩凝りや腰痛などの改善
  • 筋肉・筋膜からのアプローチ神経系の調整によって自律神経を整え肩凝りや腰痛などの改善

診察券を自分で作るメリットはたんさん

診察券を自分で作ってみよう

制作費用を格段に抑えられる
制作費用を格段に抑えられる

ご自身で診察券のデータを作成できれば、必要な費用は印刷代のみとなります。

オリジナルのデザインが出来る
オリジナルのデザインが出来る

診察券における表示のルールに従うことは重要ですが、自身でデザインすれば、自然と個性を生かしたデザインになります。

ほかの媒体に汎用できる
ほかの媒体に汎用できる

診察券のデザインができたのなら、ほかのツールのデザインをしてみましょう。たとえば、紹介状・封筒など。

必要な情報を整理しよう

診療科目・予約システム、HPの有無など医院ごとに必要な掲載内容は、違ってくると思います。何を入れるべきか、掲載する内容を整理することはとても重量です。

メインカラーを決める

医院の特徴、アピールしたい点などを踏まえ、テーマカラーを選定します。色によって特色がありますので、目的を決め配色を決定するとよいでしょう。

目的に応して診察券の素材を選定

予約日時を記載、カードリーダーで患者情報をすぐに読み込めるようにしたい、長く使えるように耐久性のある素材にしたいなど、用途によって素材を決めましょう。

患者さんファーストのデザイン

診療科目にもよりますが、どの世代の人でも読めることを意識してデザインしましょう。例えば、文字の大きさ・どのような環境下でも読める配色など、可読性を意識して診察券を作成しましょう。

デザインのコツを学び、自分で一度制作してみましょう。
デザインのコツを学び、自分で一度制作してみましょう。
デザインのコツ

用紙の種類/選び方

用紙の種類/選び方

診察券を作る場合、その診察券にどのような情報を載せるのかも大事ですが、どのような用途で使用したいのかも大切です。例えば、診察券に予約の日時を掲載したい、カードリーダーで患者の情報をすぐに読み取りたい 等、目的に合わせて診察券の素材を選ぶことが重要です。紙だけではなく、プラスチックなのど、耐久性が高い素材もあるので、ぜひ色々な素材を検討してみてください。

用紙の種類/選び方
  • ページトップ
ページトップ